• HOME
  • ボヌゥールパとは

ボヌゥールパとは

ボヌゥールパは、一般社団法人紡ぐしあわせ薬膳協会の認定校です。

多くの方に向けて、「食」から美容と健康をサポートしたいと考えています。 名古屋初、薬膳資格講座で「薬膳」を基礎から学び、「身につけた知識でご自身や大切な方が美しく健康になること」が私たちの願いです。 当初は名古屋でのみの開講でしたが、今では大阪でも受講していただけます。

また、学んだ薬膳の知識を多くの方へ伝えていただくことも大切です。私たちは「薬膳を活かしたい!!」という夢をお持ちの方を応援します。「薬膳」を通じて美容と健康を一緒に広めていきましょう。

  • 一般社団法人紡ぐしあわせ薬膳協会

独自のシステムで薬膳を「楽しく、わかりやすく」学べる。

薬膳を学ぶ上で中心となるのが認定講座です。
ボヌゥールパは、国立北京中医薬大学日本校を母体に持つ「日本中医食養学会」の登録機関であり、
正しい中医基礎理論に基づいた薬膳を学べるカリキュラムになっております。
一期生から毎年、中医薬膳指導員に全員合格しています。
専門学校での講師経験で構築した独自の教育システムは
「楽しく、資格講座以外でも
幅広く薬膳に親しむ企画」
も積極的に行います。

薬膳は、毎日の食事から健康促進を図ることができ、社会に、家庭にも広く活用できる知恵です。

薬膳の知識

薬膳とは

薬膳は、中医学(中国の伝統医学)に基づく食養生で、毎日変化する体調をその都度見極め、五臓六腑へ作用したり、体を温め・冷やしたりといった食材の持つ作用をうまく組み合わせてバランスをととのえる食事方法です。
現代医学(西洋医学)は症状から病名を確定して、治療をおこなっていきます。中医学は症状ではなく、症状が何の原因から起こるのかを見極めて身体全体のバランスをと整えていきます。季節、環境、体質、病因などに合わせて、食材の組み合わせを考え、体の調子を整えていく、これが薬膳です。
薬膳を組み立てるようになるには「ものさし」となる中医学(基礎理論、診断学、中薬学、方剤学、内科学など)を知ることが必要となります。

栄養学と薬膳を組み合わせるメリット

栄養学では食事摂取基準があります。健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましエネルギー及び栄養素の量が示されています(注:健康な方を中心に年齢、性別などで異なってきます)。
主食(ごはん、パン、麺、芋類など)、主菜(肉、魚、卵、大豆、大豆など)、副菜(野菜、海藻、きのこなど)をそろえて食べることで、必要な栄養をバランスよくとれるようにします。
薬膳は目的に合わせて食材のもっている性質や効能などで食材を選び、陰陽のバランスで整えます。
栄養学と薬膳は健康をはかる「ものさし」が違うため、栄養学と薬膳の2つの面からバランスのとり、自分を健康する食べ方を可能にします。

資格について

薬膳アドバイザー・中医薬膳指導員の資格は「日本中医食養学会」が認定をいたします。 日本中医食養学会は薬膳業界の老舗として20年余りの歴史がある国立北京中医薬大学日本校内の学会となります。ボヌゥールパは日本中医食養学会認定校となっております。 また、国際中医薬膳師の資格を取得するための講座は「日本中医食養学会」及び「国立北京中医薬大学日本校」の講師により行われます。

  • 国立北京中医薬大学日本校内
  • 日本中医食養学会
  • 国立北京中医薬大学日本校内
  • 日本中医食養学会